スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイに津波到達 高さ1・5メートル チリ大地震(産経新聞)

 米メディアによると、気象観測当局者は27日、ハワイ州に高さ約1・5メートルの津波が到達したと語った。被害はまだ確認されていないという。

【関連記事】
国連、緊急支援の準備 チリ大地震
チリ大地震、米国が支援の用意
チリ大地震「壊滅的な被害」死者122人に ハワイに4・8メートルの津波の恐れ
南米の地震で日本への津波の影響 過去に5回 チリ大地震
死者78人、津波の被害も チリ大地震

<春一番>北陸各地で風速10超す 09年より9日遅く(毎日新聞)
府市再編、溝深く 橋下知事「辞任も」 政治グループ過半数割れなら(産経新聞)
<平野官房長官>19~20日に沖縄訪問(毎日新聞)
<中3自殺>「兆候に対応せず」両親が千葉の私立中を提訴(毎日新聞)
全面禁煙 英パブは大打撃、2300軒が廃業(産経新聞)
スポンサーサイト

クレジットnimokaの使い方について質問です

クレジットnimokaの使い方について質問です クレジットnimokaを使おうと思うのですが、カードが届いてすぐ乗る場合チャージしておかないといけないのでしょうか?
下車する時にオートチャージで払うことはできないのでしょうか?詳しく教えていただけるとうれしいです。

もんじゅ再開へ協議申し入れ=地元福井県などに-原子力機構(時事通信)
既婚者の別姓移行、施行後1年以内に=婚姻後変更は認めず-民法改正案(時事通信)
<福知山線脱線>検審、遺族と検察官から聴取へ(毎日新聞)
乱気流 体が宙に 悲鳴飛ぶUA機内(毎日新聞)
菅副総理「民主政調の復活、改めて議論する時」(読売新聞)

「九州新幹線博多駅」ホーム、3月31日お披露目(産経新聞)

 JR西日本福岡支社は、九州新幹線の全線開業に合わせて増設工事を進めている博多駅(福岡市博多区)の新幹線ホームを3月31日から暫定使用すると発表した。来春以降は鹿児島中央-新大阪を結ぶ九州新幹線「さくら」も停車するホームが、まずは「のぞみ」や「ひかり」のホームとしてお披露目される。

 博多駅では、JR九州が整備する駅ビルとは別に、鉄道建設・運輸施設整備支援機構がホーム1面を増設中。新幹線のホームは現在の2面と合わせて3面、11~16番線となる。

 増設ホームの暫定使用はレールやポイントの整備に伴い現在の14番乗り場が閉鎖されることに伴う。期間は約3カ月の見通し。

【関連記事】
2度目の新婚旅行は“乗り鉄”で 計88歳以上の夫婦限定「パス」
温泉に匹敵する観光資源を 大分で初の旅行サミット
つながる青森~鹿児島 3月に九州新幹線レール連結
JR九州が九州新幹線の駅名発表 博多~熊本間
鉄をつかめ! JR九州がブルトレ復活に車両基地ツアー、車内音楽CDも

靴下の中から盗んだタスポ ひったくり容疑で配管工の少年逮捕 (産経新聞)
<殺人未遂>男性2人刺される 容疑者逮捕 東大阪(毎日新聞)
<愛知2児遺体>へその緒ついたまま 医療機関以外で出産か(毎日新聞)
<鳩山首相>公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応(毎日新聞)
<雑記帳>声優の水樹奈々さんが「新居浜ふるさと観光大使」(毎日新聞)

小沢氏らの国会招致要求=応じなければ審議拒否-自民(時事通信)

 自民党は22日朝、党本部で臨時役員会を開き、長崎県知事選で同党支援候補が与党推薦候補に大差で勝利したことを踏まえ、今後の国会対応を協議した。民主党が鳩山由紀夫首相の元秘書や小沢一郎幹事長の国会招致に応じなければ、国会審議を拒否する方針を決めた。
 衆院予算委員会は同日午前、2010年度予算案に関する一般質疑を実施。午後は首相と関係閣僚が出席して、「経済・外交」をテーマに集中審議を開催する予定だ。与党は予算案について、24日の中央公聴会などを経て3月1日に衆院通過させる方針。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

<障害年金>不支給は判断ミス、東京高裁が逆転判決(毎日新聞)
反捕鯨団体が再び妨害=水産庁(時事通信)
あす再び沖縄訪問=平野官房長官(時事通信)
「高校無償化」の留保撤回へ=国際人権規約で対応-政府(時事通信)
石川議員の離党を了承=民主、処分せず(時事通信)

<日本ペンクラブ>グーグル和解案に反対表明 米公聴会(毎日新聞)

 【ニューヨーク小倉孝保】米グーグルの書籍電子化をめぐる集団訴訟についての公聴会が18日、ニューヨーク連邦地裁で開かれた。26団体が発言、大多数がグーグル側和解案への反論だった。

 日本ペンクラブの山田健太言論表現委員会委員長も出席、和解案が承認されれば出版の多様性や表現の自由を脅かす危険があると意見陳述した。フランス、ドイツ両政府の代理人も著作権者の承認を得ない書籍電子化に反対の意見を述べた。

 今和解案については米司法省も、公正な競争を疎外する恐れがあるなど懸念を表明、地裁がこのままの形で承認するかどうかは微妙な情勢だ。

【関連ニュース】
グーグル:米情報機関に協力要請 「国家介入」で議論も
米グーグル:独自に開発の携帯が苦戦 1カ月わずか8万台
グーグル問題:協議継続で一致 米中外相
グーグル問題:中国が反論「内政干渉」「事実無根」
グーグル:「中米関係損なう」米の批判に中国反発

<エンダン文庫>母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気(毎日新聞)
<訃報>市村吉五郎さん92歳=歌舞伎俳優(毎日新聞)
<殺人未遂>元警官、自宅前で撃たれる 福岡(毎日新聞)
【集う】東京都若者総合相談公開研修(1月22日、都庁)(産経新聞)
雑記帳 元ラブホテルをネット公売…愛媛県(毎日新聞)

参院選1次公認、来月1日にも=小沢氏「島根は最重点区」(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は21日午後、松江市内で記者会見し、夏の参院選の第1次公認候補について「今週いっぱいでできるだけ終える。2、3(選挙区)は残るかもしれないが、来週早々にできるだけすべての候補者を決定したい」と述べ、3月1日にも決める方針を示した。改選数2以上の複数区で、複数の候補擁立にどこまでこぎつけるかが焦点だ。
 会見では、島根選挙区(改選数1)に新人で地元民放テレビの元アナウンサーの岩田浩岳氏(34)を擁立すると正式に発表した。自民党は同選挙区で、青木幹雄前参院議員会長を公認している。小沢氏は「最もシンボリックな、関心の高くなる選挙区だ。党本部としても最重点選挙区として支援態勢を組んでいきたい」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~

エストニア首相、札幌のスキー・マラソン出場(読売新聞)
社民、期限付き九州北部案で調整=国民新にシュワブ陸上案-普天間移設(時事通信)
<鳩山首相>子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話(毎日新聞)
凍結候補49路線に大幅減=直轄国道の個所付け-政府(時事通信)
「守り」の党首討論に決意=鳩山首相(時事通信)

<室温調査>北国ほどぽっかぽか 1位北海道、2位青森(毎日新聞)

 民間気象会社のウェザーニューズ(東京都港区)は、冬の室温を都道府県別に比較した調査結果を発表した。平均室温が最も高いのは北海道の21.55度で、全国平均(18.93度)を約2.6度上回った。10位までに北日本、北陸の6道県が入るなど、寒い地域ほど部屋を暖かくしている傾向がうかがえた。一方で最も低いのは鳥取県だった。

 調査は1月16~19日、47都道府県に住む同社の登録会員の男女7320人を対象に実施。普段過ごす時間が多い部屋の温度を聞き、都道府県を平均値で順位付けした。

 2位以下は▽青森県20.73度▽島根県20.50度▽秋田県20.38度▽富山県19.71度--など。最下位は16.97度の鳥取県で、隣の島根県と約3.5度の差があった。下位は九州など外の気温が比較的高い県が多かった。大都市圏は▽東京都(19.45度)9位▽大阪府(18.80度)20位▽愛知県(18.74度)23位--などだった。

 調査結果は同社の携帯電話サイト(http://wni.jp)で公開されている。【福永方人】

民主小林氏の元選対幹部に有罪=公選法違反罪-札幌地裁(時事通信)
訃報 藤田まことさん76歳=俳優「てなもんや」「必殺」(毎日新聞)
知人女性を殺害、財布など奪う=強盗殺人容疑で男逮捕-大阪府警(時事通信)
違反切符を破棄、消防士逮捕=シートベルト未装着-広島県警(時事通信)
福岡市に初の「上智」中高誕生 有名大による生徒争奪が激化(J-CASTニュース)

「JAPANデビュー」偏向番組訴訟 台湾統治でNHK側は争う姿勢(産経新聞)

 NHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー アジアの“一等国”」の出演者などから番組内容に偏向があったと批判が相次いだ問題で、出演者の台湾少数民族・パイワン人や視聴者ら計約1万300人がNHKに計約1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、東京地裁(岡健太郎裁判長)であった。NHK側は争う姿勢を示した。

 また、原告側が意見陳述を行い、「台湾の日本語世代の人たちは、教育への貢献など日本による統治時代を高く評価している。(証言をねじまげた今回の番組は)公共放送として許されない」などとNHKの姿勢を批判した。

 問題の番組は昨年4月5日に放送されたが、「日本の台湾統治を批判するため、出演者の証言をねじ曲げている」などと批判が集まった。

【関連記事】
日本が残した先住民の資料 「台湾文化守った」 テーマパーク建設に貢献
NHK偏向報道で2次提訴 パイワン族男性「自尊心傷つけられた」
「客観的判断」とNHK 怒り収まらぬ台湾の人々
「偏向報道」抗議者に「不問」求める 訪台のNHK番組関係者
NHK偏向報道問題で千葉県議会が意見書採択

<菅副総理>次期衆院選前の消費税引き上げ否定(毎日新聞)
住宅全焼、焼け跡から68歳夫婦?の遺体(読売新聞)
山崎拓氏を自民党シンクタンク所長に(産経新聞)
中国のゴルフ会員権虚偽販売=詐欺容疑で社長ら逮捕-被害7億超か・警視庁(時事通信)
<菅副総理>次期衆院選前の消費税引き上げ否定(毎日新聞)

<網走監獄>設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)

 北海道開拓と受刑者の歴史を紹介する博物館網走監獄(網走市)の行刑資料館が「監獄歴史館」としてリニューアルオープンした。

 運営する網走監獄保存財団(鈴木雅宣理事長)が設立30周年を記念し、昨年11月から約2億5800万円かけて改修を進めてきた。

 中央道路開削工事(旭川~網走間)の過酷な作業の模様を伝える映像シアター「網走監獄物語」、鉄丸をつけて歩く「囚人体験」など展示物を一新した。

 網走監獄は旧網走刑務所の一部を移築し、1983年に開館。観光スポットとして人気を集め、08年5月には入館者が1000万人を突破した。入館料は大人1050円、小中学生520円。無休。問い合わせは財団(0152・45・2411)へ。【渡部宏人】

<道路予算>3府県で10%以上増、参院選事情も反映?(毎日新聞)
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査(産経新聞)
NYで流行るインドカレー オールナチュラルの菜食料理(産経新聞)
<傷害>長女に暴行、死亡…容疑の母を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
プリウス、リコールを届け出=ブレーキ不具合で22万台超-トヨタ(時事通信)

石川知裕議員 「不適切記載深く反省する」9日会見を訂正(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反で起訴された民主党衆院議員、石川知裕被告(36)は10日、「収支報告書に不適切な記載をしたことについては深く反省する」とのコメントを発表した。起訴内容を否認したかのような9日の会見時の発言を訂正するためとみられる。

【写真特集】石川衆院議員:東京地検が逮捕

 石川議員は会見で「政治資金の出所を不明にするなどの目的で意図的に虚偽の収支報告をしたことはない」と発言し、一部で「一転否認」などと報じられた。このため10日発表したコメントは「誤解を招いたようなので一言申し上げる」としたうえで「不適切な記載」を認める一方で「建設会社等から不正な金銭を受領したことは一切ない。このことを強調したかった」としている。石川議員は捜査段階の取り調べで故意に虚偽記載した事実を認めている。【小林直】

【関連ニュース】
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見
石川知裕議員:辞職勧告、結論出ず 衆院議運
陸山会事件:石川議員、保釈 報道陣の問いには答えず
陸山会土地購入:小沢氏との接触禁止 秘書らに保釈条件

「やったぞ」地元沸く…長島「銀」・加藤「銅」(読売新聞)
VISA、JCBでもネット献金=放送会社が新サービス(時事通信)
大阪府北部で震度3(時事通信)
雑記帳 結婚式にペンギン2羽が「出席」 静岡のホテルで(毎日新聞)
犯意否定の会見発言、石川議員「誤解招いた」(読売新聞)

街中で人相ピタリ 5年逃走の男逮捕(産経新聞)

 派遣社員の同僚男性から健康保険証などをだまし取ったとして、蒲田署が詐欺の疑いで住居不定、無職、稲妻敏美容疑者(52)を逮捕していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。同署によると、稲妻容疑者は約5年間にわたり逃走していたが、1月29日にJR上野駅近くの路上で、人相などから街中で容疑者を探す「見当たり捜査」をしていた警視庁捜査共助課の捜査員に発見された。

 同署によると、稲妻容疑者は健康保険証などを使って男性を装い消費者金融で約50万円を借りていたといい、容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成17年3月5日、同じ派遣会社に登録していた大田区内に住む30代の男性に「いい仕事がある。紹介するには身分を証明するものが必要」と持ちかけ、健康保険証などをだまし取ったとしている。

イラン人密売組織のリーダー逮捕=住宅街で薬物密売-警視庁(時事通信)
<無人偵察機>飛行試験中に墜落、海へ落下 防衛省(毎日新聞)
府中で女性変死、夫とみられる男性は飛び降り(産経新聞)
<竹島問題>米国の防衛義務生じず 政府、答弁書で(毎日新聞)
<トヨタ>新型プリウス19万台リコール…午後に届け出へ(毎日新聞)

<浜崎あゆみさん>自宅に脅迫状 恐喝未遂容疑で男逮捕(毎日新聞)

 歌手の浜崎あゆみさんの自宅に脅迫文を送り、所属事務所「エイベックス・マネジメント」の親会社「エイベックス・グループ・ホールディングス」(東京都港区)の社長(45)から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁渋谷署は12日、兵庫県明石市西新町1、職業不詳、藤井基吉容疑者(42)を恐喝未遂容疑で逮捕した。渋谷署は浜崎さんの自宅住所を知った経緯についても捜査している。

 逮捕容疑は、09年12月下旬、浜崎さんの自宅に「1週間以内に指定した口座に5億円を送金しろ。さもなければ社長宅を放火して丸焼きにしてやる。親分の指示だ」などと書いた脅迫文を郵送し、社長から現金を脅し取ろうとしたとしている。渋谷署によると、容疑を認めているという。

 藤井容疑者は、エイベックス・マネジメントに所属する別の女性歌手の名前も挙げ、放火すると脅していた。封筒などに自分の住所や氏名を書いていたため、藤井容疑者が浮上した。【酒井祥宏】

【関連ニュース】
脅迫:小沢幹事長宅に実弾?入り郵便 議員辞職求める
恐喝容疑:出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山
脅迫容疑:交際迫った学生逮捕 少女宅全焼 大阪
書籍恐喝販売容疑:えせ同和の出版社捜索 岡山県警
恐喝容疑:書籍の強引販売で出版社強制捜査へ 岡山県警

当時の上司、検察調書の内容否定…村木元局長公判(読売新聞)
倉庫からビア樽窃盗 容疑の男「3年間で1万5千個」(産経新聞)
トヨタの対応注視=平野官房長官(時事通信)
<無料低額宿泊所>愛知でも損賠求め提訴(毎日新聞)
生活保護費の負担 都が国に緊急要望 公設派遣村(産経新聞)

「政治とカネ」で小沢氏擁護=民主党の輿石氏(時事通信)

 民主党の輿石東参院議員会長は13日、山梨県笛吹市で講演し、小沢一郎幹事長の「政治とカネ」をめぐる問題に関し「小沢氏は何でそんなにお金が必要なのか。秘書が30人、40人もいて、全国に候補者を立てると自分の秘書を1カ月、2カ月派遣する。そのホテル代などは自分が出している。そういう面もご理解いただきたい」と述べ、小沢氏を擁護した。 

秘書の罪は議員の罪?加藤紘一氏の“逆襲”に首相しどろもどろ(産経新聞)
<名古屋ひき逃げ>知人宅近くで身柄確保 仲間が逃走関与か(毎日新聞)
<文科省>創志学園を処分 財源不足のまま大学新設(毎日新聞)
「資料出す」「お前、待て」民主、個所付けめぐり国会で怒鳴りあい(産経新聞)
<公然陳列容疑>公共のPC使いネットでポルノ 少年逮捕(毎日新聞)

偽装献金でも首相辞任は「求めない」66.6%(産経新聞)

 産経新聞社とFNNの合同世論調査で、鳩山由紀夫首相自身の偽装献金事件について聞いたところ「首相の説明に納得できない」との回答が多数を占めたにもかかわらず、「首相を辞任すべきではない」との回答も7割近くを占めた。政権の評価では「評価する」が「評価しない」を上回ったのは、「首相の人柄」だけ。政策は不満足、指導力もなく、カネについても疑惑はあるが、人柄だけで、内閣が維持しているのが現状のようだ。

  [フォト]鳩山政権を的確に表現した「言い得て妙」な風刺文

 首相の「偽装献金事件についての説明に納得していない」との回答は68.5%。民主党支持層でも51.4%と、半数以上が納得していない。「十分謝罪していない」が63.5%、「検察の捜査は十分でなかった」との回答も57.9%に上る。首相や小沢一郎民主党幹事長をめぐる「政治とカネ」の問題が、たびたび取りざたされる国会での首相や閣僚の答弁が「適切でない」との回答も、61.6%に上った。

 政権評価では「景気対策」「外交政策」「米軍普天間基地移設への対応」のいずれも、「評価しない」が6割以上で、「評価する」は2割台以下にとどまった。「首相の指導力」を「評価しない」との回答は民主党支持層でも、64.7%と高い。今回調査での政権評価の水準は、その約1カ月後に退陣を表明した平成19年7月末の安倍晋三内閣のレベルで、ある意味、危険水域といえる。

 ただ、偽装献金事件を受けても「首相を辞任すべきではない」との回答は66.6%と、「辞任すべきだ」の26.0%を上っている。「首相の人柄」を「評価する」との回答も半数を超えた。首相のつかみどころのない「宇宙人」キャラクターが国民に受けているのか、それとも、首相と小沢氏を追い込めない自民党がだらしないのか?

【関連記事】
無党派層と女性の「民主離れ」が顕著に
内閣支持率低下も…自民は回復の糸口つかめず 産経・FNN世論調査
「鳩山、小沢氏の説明・監督責任が問われた」 内閣支持率急落で大島自民幹事長
官房長官、小沢氏辞任論「世論調査、一概に判断できない」
内閣不支持率、支持率を初めて上回る 産経・FNN合同世論調査

デルタ機の黒人男性、死因は酸欠による窒息死?(読売新聞)
さっぽろ雪まつり 大通公園など3会場で開幕 11日まで(毎日新聞)
「やまゆき」堺泉北港に入港 7日、一般公開(産経新聞)
<浮島現象>タンカーが汽車に 三重・鳥羽(毎日新聞)
トヨタのリコール、米に冷静対応求める…国交相(読売新聞)

【中医協】診療所の地域医療貢献を評価へ(医療介護CBニュース)

 来年度の診療報酬改定では、夜間や休日など標榜している診療時間以外に患者からの問い合わせに対応する診療所を評価する「地域医療貢献加算」を新設。電話での問い合わせに対し、診療時間外でも対応できる体制を確保した診療所が、再診料に一定の点数を加算する。

 中央社会保険医療協議会が2月10日に開いた総会で了承された。
 同日の総会では、来年度の診療報酬改定で診療所の再診料を現在の71点から69点に引き下げることも決めたが、▽休日や夜間に患者の不安に応える体制を整えている▽レセプト並みの明細書を発行している―診療所には「一定の評価」を行うことにした。

 中医協では、レセプトをオンラインや電子媒体(MOなど)で請求し、明細書を患者に無料発行している診療所を評価する「明細書発行体制等加算」の新設にも合意している。同加算では、明細書を発行していることの院内掲示を求める。

 「地域医療貢献加算」について厚生労働省では、休日や夜間に病院を受診する軽症患者が減少する可能性があるため、「病院勤務医負担軽減にもつながることが期待される」としている。

 同省の担当者は総会後、記者団に対し、標榜時間外の解釈について、「いつ電話してもつかまるということ」などと説明。「こういう体制が取れれば、“ビル診”とか、自分の家と(診療所が)くっ付いていなければいけないという要件は今のところ考えていない」と述べた。


【関連記事】
【中医協】来年度診療報酬改定、12日に答申へ
【中医協】診療所の再診料、2点引き下げで決着
【中医協】病診の再診料統一、決着は10日以降に
【中医協】再診料統一、診療側と支払側の溝埋まらず
再診料と外来管理加算、時間外対応なら配慮―足立政務官

岐阜市長に細江氏4選(時事通信)
【町工場から五輪へ】(2)モーグル・上村選手の靴 運命の出会い…10年一途(産経新聞)
<霧>関西で鉄道ダイヤ乱れる 4万8500人に影響(毎日新聞)
「東京セレブ生活」執着…連続不審死・木嶋被告(読売新聞)
ネイルサロンも衛生管理を=健康被害受け、指針策定へ-厚労省(時事通信)

4億円不記載 「小沢氏の了承得た」石川容疑者が供述(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、元会計事務担当の衆院議員、石川知裕(ともひろ)容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに対し、土地代金の原資4億円を政治資金収支報告書に記載しないことを小沢氏に相談し、了承を得ていたと供述していることが2日、関係者への取材で分かった。こうした状況から特捜部は小沢氏についても政治資金規正法違反(虚偽記載)に問えるか、詰めの捜査を進めており、3日にも最高検など上級庁と最終協議に臨む方針だ。

 特捜部の調べによると、石川容疑者は、陸山会が平成16年10月に東京都世田谷区の土地を購入した際、土地代金の原資4億円を収入として収支報告書に記載せず、土地代金約3億5千万円を支出として記載しなかった疑いが持たれている。

 関係者によると、石川容疑者は特捜部の調べに、収支報告書を提出する前、「4億円を記載しないことや、土地取得の登記を翌17年にずらすことを小沢先生に相談し、了承を得ていた」と供述。また、土地代金支払い後に受けた融資についても「4億円の原資を隠すための偽装工作だった」とし、「小沢先生の了承なしにできるわけがない」と供述したという。

 特捜部は石川容疑者の供述調書を作成しているとみられ、小沢氏の関与の程度を見極めた上で、上級庁と協議するとみられる。

 一方、水谷建設元幹部らが16年10月に国発注の胆沢(いさわ)ダム工事受注の謝礼として石川容疑者に5千万円を渡したと供述していることについて、石川容疑者は一貫して否認しているという。特捜部は土地代金の原資4億円の一部になったとみており、さらに石川容疑者を調べている。

 小沢氏は先月23日に特捜部の任意聴取を受けた後、「各団体ごとの収入支出などの概要について報告を受けることはあったが、収支報告書の内容を一つ一つ確認したことはありません」と説明し、虚偽記載への関与を否定していた。

 一方、特捜部は勾留(こうりゅう)期限の4日に規正法違反罪で、石川容疑者と元会計責任者の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)を起訴する方向で検討。後任の会計事務担当で元私設秘書、池田光智容疑者(32)については関与の度合いを見極めて刑事処分を決めるとみられる。

 関係者によると、大久保容疑者は16年と19年の収支報告書の虚偽記載について関与を大筋で認めたという。ただ、小沢氏の関与は否定している。

 石川、池田両容疑者は自身の容疑を認めている。

【関連記事】
小沢氏関与の程度は? 上級庁と最終協議へ
小沢氏起訴なら議員辞職勧告決議案提出も 自民、大島氏
不安か自信か…小沢氏「進退」言及のワケ
民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…
小沢氏関連団体、資金洗浄か 迂回で1千万円、陸山会へ

阪和線トラブル 2・7万人影響(産経新聞)
雑記帳 バレンタインにチョココスモス(毎日新聞)
4億円不記載 「小沢氏の了承得た」石川容疑者が供述(産経新聞)
「身引くことも含め、小沢氏はけじめを」…枝野氏(読売新聞)
<上智大>教職員が窮乏学生支援 ボーナス減らし奨学金創設(毎日新聞)

<名古屋ひき逃げ>別のブラジル人出頭 携帯使用の同乗者か(毎日新聞)

 名古屋市熱田区の国道交差点で1日未明、3人が死亡したひき逃げ事件で、事故車に乗っていたブラジル人の男が新たに一人、愛知県警に出頭したことが4日、県警への取材で分かった。男は運転者とは別の同乗者とみられる。県警熱田署特別捜査本部は、事故当時の状況や逃走の経緯について男から任意で事情を聴くとともに、道路交通法違反(ひき逃げ)容疑の適用も視野に捜査する。

 捜査幹部によると、出頭したのは、車内に残されていた携帯電話を使用していた同県小牧市の30代の男とみられる。男は特捜本部の事情聴取に「別の男が運転していた」などと話しているという。

 逃げた4人のブラジル人のうち、出頭したのは別の窃盗未遂容疑で逮捕された愛知県の日系人の男(32)を含め2人となった。【山口知】

【関連ニュース】
【事故の初報】ひき逃げ:歩道に車、3人死亡…男女4人が乗り捨て逃走
名古屋・熱田のひき逃げ:事故直前、時速100キロ超で逃走 県警の追跡振り切る
名古屋ひき逃げ:運転者は岐阜県内のブラジル人 行方追う
名古屋ひき逃げ:車内指紋、別事件と一致 逃走男から聴取
沖縄ひき逃げ:米兵を追起訴 読谷村・男性死亡

浮島現象 タンカーが汽車に 三重・鳥羽(毎日新聞)
園児の保護者全員に保育体験、品川区が試み(読売新聞)
<陸山会事件>石川議員起訴「戦いこれから」「出直しを」(毎日新聞)
中学受験 不況知らず「減少なし」 東京、神奈川 あすから私立中入試(産経新聞)
第三国定住 ミャンマー難民の面接開始(毎日新聞)

隠し金?豪雨被災「萩往還」から銅銭ザクザク(読売新聞)

 昨年7月の集中豪雨で被災した山口市上天花町の国指定史跡「萩往還」の復旧工事現場から、江戸時代の通貨「寛永通宝(かんえいつうほう)」など銅銭316枚が見つかった。

 山口市教委は「当時の往還のにぎわいを知ることができる貴重な資料。復興のシンボルになれば」と話している。

 市教委文化財保護課によると、発見されたのは、わらのひもを通した束になった「銭さし」の計76枚のほか、寛永通宝235枚、7世紀以降の中国産の銅銭5枚。豪雨によって崩壊した路肩の整地作業を行っていた市内の造園会社の作業員が昨年11月8日、地下1メートル付近の土中から見つけ、市教委に報告した。

 同課では、現場が山あいで周辺に人家や寺社跡がないことなどから、備蓄目的や儀式用だった可能性は低く、萩往還の通行人が落としたか、一時的に隠したものではないかとみている。

 調査した同課の佐藤力主査は「史跡が被害を受けたことは残念だが、結果として銅銭が見つかった。どんな人が落としたのか想像するのも興味深い」と話している。

 市教委は3月16日~5月9日、同市歴史民俗資料館で出土した銅銭を展示する。入館料は小中学生50円、高校生以上100円。原則毎週月曜は休館。

ひき逃げで小学生重傷=登校途中に-兵庫・芦屋(時事通信)
座布団焼く火災、室内に男性遺体 千葉市の団地(産経新聞)
改めて「普天間継続使用含め検討」 官房副長官(産経新聞)
阪和線トラブル 2・7万人影響(産経新聞)
<橋下大阪知事>運営不振の府立高に「撤退ルール」(毎日新聞)

<公明党>太田氏の公認取り消し 参院選比例(毎日新聞)

 公明党は4日の中央幹事会で、今夏の参院選比例代表での擁立を決めていた太田昭宏前代表の公認を取り消した。太田氏は次期衆院選で、昨年敗れた東京12区か比例代表での立候補を目指す。井上義久幹事長は記者会見で「太田氏には(参院選で)企業・団体対策の責任者になってもらう方がよいと判断した」と説明した。また、同党は4日、参院選の公認候補を発表した。候補者は次の通り。(敬称略)

 <選挙区>現職=西田実仁(埼玉、党広報局長)

 <比例代表>新人=長沢広明(元衆院議員)、横山信一(北海道議)

【関連ニュース】
公明:太田前代表の参院選比例擁立見送る方針
公明・太田代表:特別国会は新体制で 週内に協議
公明:「政策提案し民主と議論」高木幹事長代理
衆院選:公明は小選挙区全員落選 太田代表ら辞任の見通し
衆院選:公明・太田代表、全国遊説より選挙区専念

貴乃花親方当選 「角界フレッシュに」(産経新聞)
「現場任せ」が遠因=高松塚壁画劣化で報告書案-文化庁検討会(時事通信)
陸山会事件 小沢氏不起訴 石川議員ら3人は起訴 (毎日新聞)
国民新党が郵政改革法案の素案を来週提示へ(産経新聞)
愛知・春日井のJR中央線で人身事故、1人死亡(読売新聞)

小沢氏不起訴 法廷攻防へ 人権派ら異色弁護団 検察も総力戦(産経新聞)

 1月23日、約4時間半にわたる最初の任意聴取を終え、記者会見で身の潔白を訴えた民主党の小沢一郎幹事長。その隣にいたのは小沢氏側が付けたとされる衆院議員、石川知裕(ともひろ)被告(36)の弁護人だった。小沢氏の立件を視野に入れ、石川被告らから供述を引き出そうとする「最強の捜査機関」。これに対し、小沢氏側は“実力派”で知られる弁護士が連日接見に訪れ、石川被告らを強力にサポートし、両者のギリギリの攻防は起訴直前まで続いた。

 「簡単には自供させられないかもしれないな」。ある検察幹部は石川被告に付いた弁護人の名前を聞き、懸念を示した。石川被告の弁護人となったのは、オウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚や山口県光市の母子殺害事件の被告らの主任弁護人を務め、死刑廃止運動を先導する“人権派”の安田好弘弁護士だった。

 さらに、石油卸会社「石橋産業」をめぐる巨額手形詐欺事件や泉井石油商会脱税事件などを担当した検察OBの木下貴司弁護士が選任された。両者の間での意思疎通はないとされ、“異色の弁護団”となったが、徹底抗戦の姿勢は同じだ。

 公設第1秘書の大久保隆規被告(48)にも、検察OBと、小沢氏の秘書だった弁護士が付いた。

 対する特捜部は、ベテランの吉田正喜副部長が複数回、石川被告の取り調べに当たったほか、逮捕された3人の中でもっとも口が堅いとされる大久保被告には、途中から大阪地検特捜部で容疑者を自白に追い込む“割り屋”として知られる検事を投入するなど総力戦で臨んだ。

 水谷建設元幹部らが石川、大久保両被告に渡したと供述した計1億円の裏献金について厳しく問いただし、吉田副部長は「証拠は十分ある」と詰め寄った。

 一方、昨年3月の西松建設の違法献金事件で大久保被告が逮捕された際には「秘書の犯罪」として見送られた小沢氏本人の聴取についても、今回は事件の性質が異なるとして、2度にわたり行われた。

 計約7時間半にわたり、小沢氏と対峙(たいじ)したのは、副部長の下で事件をまとめる主任検事の木村匡良検事。当初は副部長を起用することも検討されたが、昨年4月から継続して捜査にあたり、政治資金規正法に精通していることから抜擢(ばってき)されたという。

 石川被告らは容疑内容については認めたものの、小沢氏の積極的な関与については否認を貫いており、法廷でも小沢氏をめぐり激しい攻防が続くことが予想される。

【関連記事】
小沢氏不起訴 “次の舞台”は検察審査会 申し立て検討し起訴も
鳩山首相、小沢氏の監督責任「よく分からない」
野党3党に渦巻く落胆と怒り 「政治責任」をなお追及へ
小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断
石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴

<訃報>登川直樹さん92歳=映画評論家(毎日新聞)
<副都心線>池袋駅近くの線路から煙 1万8800人影響(毎日新聞)
都内でも積雪か 関東甲信で昼過ぎから2日未明に雪(産経新聞)
喪失した日本国籍求め提訴=比で出生の子、父は日本人-東京地裁(時事通信)
パトカーが軽自動車と衝突=20代夫婦が軽傷-群馬(時事通信)

長妻厚労相が在宅介護を体験、コストの在り方にも言及(医療介護CBニュース)

 長妻昭厚生労働相は1月30日、東京都立川市で在宅介護の現場などを視察した。車いすの利用者の外出介助や、独り暮らしの高齢者の援助を体験。その後施設に移動し、職員らと意見交換を行った。

 長妻厚労相は、立川市内にある高齢者施設「至誠ホーム」を山井和則政務官と共に出発。市内にある利用者宅を訪問し、車いすの利用者の外出介助を行った。続いて、独り暮らしの高齢者のアパートを訪れ、室内の掃除やおかゆの調理などを体験した。その後、同一の施設内で小規模多機能型居宅介護や認知症グループホームなどを一体的に運営する「至誠ホームミンナ」(国分寺市)を訪れ、施設の職員らと意見交換を行った。
 職員からは、「昨年4月の介護報酬改定で加算が増えたのに伴い、事務作業が増加した」「利用者が小規模多機能に登録すると、他の介護サービスが使えなくなる。身体の状況に応じ、柔軟に他のサービスも受けられるようにしてほしい」「施設を利用する利用者の負担が重くなっている」などの意見が直接ぶつけられた。
 その後会見した長妻厚労相は、在宅介護を体験した感想について、「短い時間だが、自分で体験することが現状把握にも有効」と述べ、今後も機会があれば続けていきたいとした。
 また、在宅での生活も選択できるように、小規模多機能のような施設の充実が必要とし、大きな法人が複数の施設を管理することなどによって、コストを抑えた事業展開などが可能か研究していく考えを示した。
 さらに、一番重要なのは財源とし、具体的な確保の方法を考えなければならないと述べた。一方で、財源を論じる前に、コストを一定に抑えながら介護のサービスを改善する余地がないか検討していく必要があるとも述べた。


【関連記事】
同時改定に向け医療と介護の合同検討会を設置へ
高齢者医療制度改革会議が初会合-厚労省
厚労省内で開催の介護就職相談会に538人
「介護サブチーム」が初会合-重点分野雇用創造事業の概要示す
医療、介護で「未来への投資PT」設置―厚労省

「社会保障円卓会議」を提案―自民・谷垣総裁(医療介護CBニュース)
<普天間移設>現行案含め検討 岡田外相(毎日新聞)
<雅子さま>病状の見解、東宮職医師団発表(毎日新聞)
<普天間移設>双方の主張を確認…日米外務・防衛局長会議(毎日新聞)
<初積雪>東京都心でうっすら 松本や前橋も(毎日新聞)

巡査が事故、県警公表せず 宮城(産経新聞)

 宮城県警遠田署の20代男性巡査が出勤途中に乗用車で男性会社員(52)をはね、腰の骨を折る大けがをさせていたことが30日、分かった。同署は「命にかかわる重大な事故ではない」として発表していなかった。事故を非公表としたことについて、同署の本木利信副署長は「職業にかかわらず、命に別条のない事故は発表していない」と説明した。

明細付き領収書、無料で全患者に=10年度診療報酬改定で検討-厚労省(時事通信)
歩道に乗り上げ、男女3人死亡=運転手ら逃走、ひき逃げで捜査-名古屋(時事通信)
朝鮮半島有事の基地使用も事前協議? 密約検証が「同盟破壊の爆弾になる」恐れ…(産経新聞)
ブログ市長、庁舎内撮影禁止を一方的通告(スポーツ報知)
偽札 東北4県で60枚に…ホログラム精巧、判別難しく(毎日新聞)

テレ朝「お願い!ランキング」無断撮影ロケか(読売新聞)

 29日午前10時50分頃、東京・目黒区のテナントビルの管理会社から「勝手に敷地内に入り、撮影が行われている」と110番通報があった。

 警視庁碑文谷署員が駆けつけると、テレビ朝日の深夜情報番組「お願い!ランキング」の制作スタッフが同ビル近くにいたため、同署でスタッフらから事情を聞いている。

 管理会社によると、スタッフらは無断でビル1階に入りタレントを撮影していたといい、同社関係者は「大声を上げられて迷惑だった。正式に被害を訴えるか検討したい」としている。テレビ朝日広報部は「トラブルがあったのは事実だが詳細は確認中」と話している。

首相動静(1月27日)(時事通信)
<震災障害者支援>法改正含め対応へ 「阪神」で後遺症(毎日新聞)
バイク販売めぐりトラブル 集団暴行容疑で少年4人逮捕(産経新聞)
日本の漁船銃撃、ロシア国境警備隊が認める(読売新聞)
“鳥取詐欺女”6度目ついに殺人容疑で再逮捕!(スポーツ報知)

ルーマニア大使夫人がシモン選手を激励 大阪国際女子マラソン(産経新聞)

 女性ランナーが浪速路を走る「2010大阪国際女子マラソン」(31日、日本陸上競技連盟、産経新聞社など主催)に10回目の出場となるルーマニア出身、リディア・シモン選手を激励するため、ルーマニア大使夫人のフロリナ・ネアグさん(50)が30日、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪にある選手村を訪問した。

 ネアグさんは、大使夫人として日本とルーマニアの交流に尽力。大阪国際女子マラソンで3連覇の偉業を成し遂げ、日本でも人気の高いシモン選手を応援するため、日本・ルーマニア協会の森敏理事長夫妻とともに訪れた。

 ネアグさんは「4度目の優勝を目指し、ベストを尽くしてください」と激励し、花束と記念品を贈呈。森理事長からは「虎は千里往って千里還る」という故事にちなみ、えとのトラの置物が贈られた。

 シモン選手はお礼にジャンパーをプレゼント。ネアグさんに長男の写真を見せながらルーマニア語で会話し、「応援に来ていただき、ありがとうございます。期待に応えられるよう頑張ります」と笑顔をみせた。

【関連記事】
42・195メートルの「マラソン足湯」登場!
ラストランで優勝狙う小幡 大阪国際女子マラソン
木崎良子、初マラソン女王&地元V狙うぞ!
日東電工、社員一丸で準備 大阪国際女子マラソン
赤羽「最後まで最善の努力」 大阪国際女子マラソン

<暴行容疑>毎日新聞社員を逮捕 羽田で保安検査員を殴る(毎日新聞)
<水蒸気量>「気温に影響」温暖化対策議論に波紋(毎日新聞)
「日本海」は国際的に確立=政府答弁書(時事通信)
<元社長遺体>栃木の井戸に遺棄、男2人を逮捕へ(毎日新聞)
妻子殺し自首の男、犯行後に勤務先で料理の下ごしらえ(産経新聞)

「戦場そのものだった」=目撃者の証人尋問-秋葉原殺傷第2回公判・東京地裁(時事通信)

 東京・秋葉原で2008年6月、17人を無差別に殺傷したとして、殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)の第2回公判が1日、東京地裁(村山浩昭裁判長)であり、目撃者の男性が事件当時の状況について、「戦場そのものだった」と証言した。
 男性は、現場の交差点を横断中、事件に遭遇。加藤被告の運転するトラックに通行人がひかれた状況や、右隣にいた人がナイフで刺された状況などを陳述した。
 事件を止められなかった自責の念から、夜も眠れず、仕事中に取り乱すこともあったとして、「もう少し勇気を持って何かできれば、何人かは助かったかもしれない」と声を震わせた。 

【関連ニュース】
犯行後の検証写真など示す=秋葉原無差別殺傷
「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行
「大変申し訳ございません」=加藤被告、冒頭に謝罪
加藤被告「間違いありません」=弁護側、責任能力争う方針
「息子の人生返せ」=遺族、被告に変わらぬ怒り

<労働者派遣法>労組や弁護士が抜本改正求める (毎日新聞)
小沢幹事長 再聴取受ける 立件なら辞任示唆(毎日新聞)
<秋葉原殺傷>加藤被告、起訴内容認める 東京地裁で初公判(毎日新聞)
がら~ん 関空にゴーストカウンター 減便響き閉鎖相次ぐ(産経新聞)
バレエ 15歳・佐々木さん3位に入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)

<臓器移植>新規登録者の約4分の1 親族優先提供を希望(毎日新聞)

 15日からの10日間に日本臓器移植ネットワークのホームページ上で臓器提供の意思を新規登録した人のうち、約4分の1が親族優先提供を希望したことが分かった。既登録者の約5%も親族優先提供に更新したことが判明。臓器提供者(ドナー)数の増加を期待する一方、移植の社会性や公平性が損なわれることを危惧(きぐ)する意見も出ている。

 厚生労働省の臓器移植委員会で25日、公表された。親族優先提供は、17日からの改正臓器移植法の一部施行に伴い認められた。移植ネットワークの新規登録者約700人中、約170人が親族優先提供を希望。既登録者約5万3400人中、約2500人が親族優先提供に更新した。

 委員会に出席したある委員は「親族優先の多さに驚いている。親族提供は第三者への提供意思が前提。これで臓器提供の登録が増えれば、移植医療の機会が増える可能性がある」と歓迎する。一方、別の委員は「社会性や公平性が求められる臓器提供が個人の問題になってしまわないか。親族かどうかを確認する現場のコーディネーターの作業も大変になる」と危惧している。【河内敏康】

【関連ニュース】
臓器移植:大阪で40代男性脳死判定 86例目臓器提供へ
臓器提供:親族への優先、厚労省が運用指針改正
脳死移植:84例目が終了 85例目も実施へ
病気腎移植:宇和島徳洲会病院が再開…「臨床研究として」
社説:親族優先の移植 心情は理解できても

チンパンジー 自分の名前を認識 脳波実験で判明(毎日新聞)
野党「異常事態だ」…議員辞職勧告も(読売新聞)
石川議員逮捕、法相に事前報告(時事通信)
鳥取沖の実習船衝突 原因は「張り不備と飲酒」 運輸安全委員会が調査報告書(産経新聞)
窃盗容疑で再逮捕=千葉大生殺害事件-千葉県警(時事通信)
プロフィール

LyellThayer

Author:LyellThayer
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。