スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山政権100日、各国メディアは厳しい採点「味方陣営の抵抗に直面」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の「100日目」は、自らの資金管理団体をめぐる偽装献金事件で元公設第1秘書が訴追される就任後最悪の日となった。新しい政権を、発足から100日という区切りで最初に評価するというのが半ば慣例化している米英有力紙も、“生後100日”の鳩山政権に、かなり厳しい採点を下している。今回の中心テーマは、「ハトヤマズ・ファースト・ハンドレッド・デイズ」-。

  [フォト]紙面で見る米紙の反応は…

 ■「順調というにはほど遠い」ニューヨーク・タイムズ(米国)

 23日付の米紙ニューヨーク・タイムズは東京発で、「鳩山由紀夫新首相の最初の100日は順調というにはほど遠い」と伝えた。

 同紙は、「鳩山氏が掲げた新しい日本への政治課題は、日本が直面する厳しい現実に加え、政治的な判断ミスのため危機にひんしている」と現状を批判的にとらえている。普天間飛行場移設をめぐる混乱、そして自身の資金管理団体に絡む偽装献金事件と、政権にとっての悪材料に事欠かない中で、「わけてもトラブルの核心は、低迷を続ける日本経済だ」と指摘する。

 「理論的には不況を脱したとされるものの、現実の日本は依然として、物価や賃金、消費が下降を続けるデフレにもがいている。このところ続いている円高の傾向も、日本の輸出依存経済に打撃を与えている」

 派手なパフォーマンスが話題を呼んだ事業仕分けについても、削減成果が小さ過ぎるとし、「消費拡大と雇用増大のための刺激策が詰め込まれた予算全体からみれば、取るに足りない削減幅だ」と結論付ける。

 一方で、公共事業への支出拡大や郵政民営化見直しなどを主張する亀井静香郵政改革・金融相の存在に触れ、「少数与党との不安定な連立が予算のさらなる膨張につながりかねない事態を招いている」とみる。

 国民からの初の審判となる来夏の参院選に向け、経済面での成果を何とか実現したいと躍起になっている鳩山首相の胸中を推察したうえで、「首相は『チェンジ』を起こそうとしているが、現実には味方陣営の抵抗に直面している」と実情を指摘。「ぼんやりしていたら、日本はかつての暗い時代に逆戻りしてしまうだろう」との浜矩子(のりこ)同志社大大学院教授のコメントを紹介している。(ニューヨーク 松尾理也)

 ■「血流が停止した亡霊」フィナンシャル・タイムズ(英国)

 1989年12月に3万8915円を付けた日経平均株価は、バブル崩壊とともに暴落し、今年3月に7000円割れ寸前まで下げ、民主党の鳩山由紀夫政権になって1万円台に回復したものの、日本はまだバブル後遺症に苦しんでいる。

 22日付英紙フィナンシャル・タイムズは、20年間も低迷する日本経済と発足から100日を迎えた鳩山政権の迷走ぶりを引っかけて「血流が停止した亡霊」と題する1ページ特集を組んだ。筆者は「Voice」誌に掲載された鳩山論文を最初に世界に伝えたミュア・ディッキー東京特派員である。

 鳩山首相は10月の所信表明演説で政権交代を「無血の平成維新」と位置付け、官僚依存から政治主導に転換する、と宣言した。その象徴が官僚トップによる事務次官会議の廃止であり、ディッキー氏は、若手官僚は省庁内改革の好機ととらえており、表立った抵抗は控えていると分析する。

 一方で、財政削減のため公開で行われた事業仕分けを例に取り、「どんな完全なシステムを持っていたとしても、良い政策がなければ何にもならない。民主党の政策は本当に問題を抱えている」というジェラルド・カーティス米コロンビア大教授の批判を伝えた。

 対米関係をこじらせている米軍普天間飛行場の移設問題や、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相の独断専行などで、鳩山首相の閣内指導力には疑問符がつくとし、民主党の小沢一郎幹事長について71%の国民が「政権を実質、支配している」と答えた世論調査の結果も引用している。

 「首相の遠慮がちで学生の集まりを仕切るような指導力に党内の忍耐は限界に達するかもしれない」と、民主党政権は続いても鳩山政権は短命に終わるかもしれないと予測している。(ロンドン 木村正人)

 ■「問題あれど重要な同盟国」ワシントン・ポスト(米国)

 11日付の米紙ワシントン・ポストは、「日本はまだ重要か」と題するフレッド・ハイアット論説委員のコラムを掲載した。ハイアット氏はこの中で、鳩山由紀夫政権に対する米国内の見方が厳しさを増す状況下にあっても、重要な同盟国であるという大局を見失うことなく日本に対応すべきだと米側に提言している。

 東京特派員を務めた同氏は、12月に東京財団などが催したフォーラム「欧米のオピニオンリーダーが見た『政権交代後の日本』」に出席するため訪日した。

 ハイアット氏は、鳩山政権が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する決定を遅らせていることで、日米関係に混乱を招いていると指摘した。鳩山首相が11月の首脳会談でオバマ米大統領に対し、「トラスト・ミー(私を信じて)」と発言したことも取り上げて、「鳩山首相の素人っぽい対応の仕方には、(オバマ政権も)いらだっている」と論評した。

 ハイアット氏と会った岡田克也外相も「日米関係は危機的状況にある。同盟が試されている」という焦燥感を示したとしている。

 また、日本の有識者たちが自国の将来に関して悲観的な見方を相次いで示したとし、「(そうした)マイナス思考は大げさ過ぎるようだ」と批判している。

 そのうえで、日本は国際組織の中で重要な役割を果たしており、米国にとってアジアにおいて最も重要な同盟国だ、と強調した。

 米政府に対しては、戦略対話を続けている中国と、日本との間に差を付けるべきでないとした。さらに、日本の新政権は経済成長の回復に向けた明確な方向性を定めてはいないものの、米国は希望を持つべきだと主張した。そして、ハイアット氏は最後に日本は重要である、と結んでいる。(ワシントン 有元隆志)

【関連記事】
米国の存在感アピール
代替案あるのかと米紙が鳩山首相批判 普天間問題で
米主要紙、鳩山氏の対米姿勢に相次ぎ懸念
妻の方が「宇宙人」?各国メディア、鳩山夫人の不思議発言を紹介
政権「Change」 海外メディアも注目

PattieTudorのブログ
えつおのブログ
カードでお金
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
スポンサーサイト

自民・石破氏、来月訪米へ(時事通信)

 自民党の石破茂政調会長は1月5日から、米国を訪問する。キャンベル国務次官補、グレグソン国防次官補ら政府高官と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などをめぐって意見交換する。普天間問題で日米合意履行の重要性を訴え、新たな移設先を模索する鳩山内閣との違いをアピールする狙いがあるようだ。 

【関連ニュース】
普天間、小沢氏発言を歓迎=福島氏
米反発に方針転換か=普天間移設
首相発言要旨
普天間、米国無視あり得ぬ=同盟尊重し結論
社民、現行案での決着を警戒=協議の難航必至

g3pqdgvtの日記ブログ管理ツール
ともかずのブログ
クレジットカード現金化 比較
債務整理・自己破産
ショッピング枠現金化

<偽装献金>首相元公設秘書、午後起訴 東京地検(毎日新聞)

 鳩山首相の資金管理団体を巡る偽装献金問題で、東京地検特捜部は24日午後、会計事務担当者だった元公設第1秘書を政治資金規正法違反(虚偽記載)で在宅起訴し、会計責任者だった元政策秘書(現在は私設秘書)を略式起訴する方針。

 首相は既に「元公設第1秘書を信頼して任せており、虚偽記載はまったく知らなかった」などとする上申書を特捜部に提出。特捜部は首相を嫌疑不十分で不起訴とし、一連の捜査を終結する。

 元公設第1秘書は08年までの5年間、友政懇の政治資金収支報告書に、死亡していたり、献金していない寄付者名を記載するなどして、3億数千万円分の虚偽記載をしたとされる。元政策秘書は、直接関与していないものの、報告書をチェックするなど会計責任者としての責務を怠っていた重大な過失があると判断した。

【関連ニュース】
首相偽装献金:元政策秘書を略式起訴へ 過失認める供述
偽装献金:鳩山首相元公設第1秘書 24日にも在宅起訴
偽装献金:首相母の資金、個人事務所金庫に保管
鳩山首相:偽装献金問題で上申書提出 自らの関与を否定
偽装献金:国民の支持と見せたかった…首相元公設秘書供述

ケチュア語を学ぼう!!
Twiningのブログ
出会いランキング
ネイルサロン
クレジットカード現金化 即日

高次脳機能障害 患者の1割、画像所見得られず 医師調査(毎日新聞)

 交通事故などで頭部を強打した際に起きる外傷性脳損傷(TBI)による高次脳機能障害と診断された患者の約1割が、磁気共鳴画像化装置(MRI)などの画像診断でも脳内の損傷が発見できないことが大阪府高槻市の山口研一郎医師(脳神経外科)の調査で分かった。厚生労働省の調査でも、高次脳機能障害患者の15%は有効な画像所見が得られていない。労災認定や自賠責保険の審査は画像を重視しており、患者団体は「実態に即していない」と訴えている。

 高次脳機能障害は、脳内に特異な損傷を負った軽度外傷性脳損傷(MTBI)の主要な症状。山口医師は09年6月までの10年間、関西地方を中心に約2000人を診察し、20道府県の581人を高次脳機能障害と診断。このうち、TBIは340人(58・5%)で、ほぼ全員を画像診断したところ、39人(11.5%)は脳内の損傷を示す画像所見が得られなかった。ただ、交通事故などで記憶障害などがあるため、山口医師は2~3カ月間、日常生活の状況や症状、知能検査を精査し、高次脳機能障害と確定診断した。

 地方拠点病院などの高次脳機能障害の患者を対象にした厚労省のモデル事業報告(04年)でも画像検査した281人中42人(15%)は有効な画像所見が得られなかった。ところが、労災や自賠責の認定基準は高次脳機能障害で異常を示す画像所見がない場合、ほとんど認められない。山口医師は「画像所見がすべてと考えるのは誤りだ」と話している。【宍戸護】

【関連ニュース】
ことば:高次脳機能障害
ニッポン密着:軽度脳損傷 自賠責請求、認められず 働き盛り、人生暗転
書類送検:名ばかり管理職が過労死 大阪の飲食店
石綿被害:08年度1235人分公表、造船で急増 厚労省
アルバイト過労:労災認定 残業160時間、統合失調症

i9sq9d0wの日記ブログ管理ツール
タレント動物紹介
競馬情報
ショッピング枠現金化
出会いランキング

グーフィーの釣天狗

『グーフィーの釣天狗』(グーフィーのつりてんぐ、原題:Goofy and Wilbur)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作したアニメーション短編映画作品。グーフィーが単独主演した作品としては初めてのものであり、グーフィー・シリーズ第1作である。あらすじグーフィーが小舟に乗って池へ魚捕りにやってきた。池に設置されている「魚釣り禁止」のサインを確認すると、グーフィーは持ってきた箱をフタを開け、何かが飛び出す。相棒のバッタ、ウィルバーである。グーフィーがウィルバーに「いつものように頼むよ」と言うと、ウィルバーは池に飛び込んだ。アメンボのごとく水面を行くウィルバーは水中の魚を挑発して魚をおびき寄せ、ウィルバーを追うのに夢中になった魚をグーフィーが網で捕らえた。これが彼らの魚捕りなのだ。快調に魚を捕らえていくグーフィーとウィルバーだったが、挑発に全く動じない魚が油断したウィルバーを食べそうになる。グーフィーは網でウィルバーを助けようとしたものの、直前に捕った魚が網を壊してしまたっため助けられず、ウィルバーはそのまま魚に飲み込まれてしまった。ウィルバーを飲み込んだ魚を捕まえたグーフィーは魚にウィルバーを吐き出させるが、ウィルバーの顔は真っ青。グーフィーは気付け薬を嗅がせてなんとかウィルバーを起こした。本調子ではないウィルバーだが、グーフィーに励まされウィルバーは再び池へ出て行く。大量の魚を挑発し大ジャンプするウィルバー。しかし、そこに悲劇が待っていた。着地点にカエルが待ち構えていたのだ。ウィルバーはそのままカエルに飲み込まれてしまった。グーフィーは舟を飛び出し、ウィルバーを飲み込んだカエルを追いかけ始める。手袋で捕らえようとするグーフィーと、逃げようと大ジャンプするカエル。しかし、今度はそのカエルをコウノトリが飲み込んでしまった。コウノトリとグーフィーの追いかけっこの末にグーフィーは木の上の巣まで追い詰めるが、グーフィーを振り払って卵1つを残しコウノトリは飛び立っていってしまった。ウィルバーとともに……。コウノトリの巣の上でウィルバーに別れを告げるグーフィー。「バッタなんていくらでもいるさ」と虚勢を張るも、悲しみを抑えられず号泣してしまう。しかし、こんなことで終わるウィルバーではなかった。グーフィーの足元にあったコウノトリの卵が割れ、中からウィルバーが現れたのだ。ウィルバーの無事に大喜びするグーフィーに対し、これぐらいなんともないと言わんばかりに威勢よくポーズしてみせるウィルバーだった。スタッフ監督:ディック・ヒューマー作画:アート・バビット、イサドア・クライン、ウォルフガング・ライザーマン他脚本:オットー・イングランダー音楽:ポール・J・スミス登場キャラクターグーフィー(声:ジョージ・ジョンソン)バッタのウィルバー参考文献デイヴ・スミス『Disney A to Z オフィシャル百科事典』、2008年 ISBN 978-4835616919 p.201.外部リンクGoofy and Wilbur - Internet Movie Database (英語) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%81%AE%E9%87%A3%E5%A4%A9%E7%8B%97」より作成カテゴリ: ディズニーの短編映画 | アニメ作品 く | アメリカ合衆国のアニメーション作品 | 1939年の映画

サモア語は意外と簡単!?
fx2uurp1wyのブログ
出会いランキング
無料携帯ホームページ
ネイルサロン

墓地駐車場で車両火災、車内外に3遺体 栃木・鹿沼(産経新聞)

墓地駐車場で車両火災、車内外に3遺体 栃木・鹿沼(産経新聞)

 16日午前7時20分ごろ、栃木県鹿沼市笹原田の見世霊園駐車場で、仕事に訪れた石材店の男性から「燃えた車があり、近くに人が倒れている」と110番通報があった。

 県警鹿沼署員が駆けつけたところ、燃えた軽乗用車のそばで男性とみられる遺体を発見、さらに車内から2遺体を発見した。

 同署によると、車の所有者は同市内の60代の男性会社員で、同署が男性の自宅を確認したところ、「死んで償います」などと書かれた、遺書とみられるメモ書きなどが発見されたという。男性は妻と長男の3人暮らしだったといい、同署は遺体の身元確認を急いでいる。

【関連記事】
老舗ライブハウス、火災で閉店の意向 バンドマンら復活目指し署名活動
未明に病院カルテ室で火災、不審火か 福岡・春日
函館のアパート火災 死亡男女は居住男性と知人女性と確認
原発火災でマニュアル 総務省消防庁、情報伝達や役割分担を明示
鉄鋼切断の火花で着火? 作業小屋火災で3人けが 栃木

グルジア語でハッピー
悲しい出来事など
パチンコ攻略
ライブチャット
クレジットカード現金化

ジョージ・ワシントン (空母)

ジョージ・ワシントン (USS George Washington, CVN-73) は、アメリカ海軍の航空母艦。ニミッツ級航空母艦の6番艦。艦名は初代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントンに因んで命名された。アメリカ国外の基地を事実上の母港として配備される唯一の空母であり、原子力推進空母が日本に配備されるのは、この艦が初である。艦歴1986年8月25日、ニューポート・ニューズ造船所で建造が始まる。1990年7月21日に当時のファーストレディ、バーバラ・ブッシュにより命名、進水し、アメリカ合衆国の216回目の独立記念日である1992年7月4日に就役した。この当時の母港はバージニア州のノーフォークであった。就役以来ジョージ・ワシントンは6度の地中海およびペルシャ湾配備を経験した。最初の配備が行われた1994年には、ノルマンディー上陸作戦50周年記念の背景として貢献した。2度目の配備が行われた1996年には、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争における各勢力の指導者から成る共同軍事委員会による歴史的な会合のホスト役を果たした。ワシントンはさらにボスニア・ヘルツェゴビナにおける平和維持活動、デサイシヴ・エンデヴァー作戦で重要な役割を果たし、イラク南部の飛行禁止区域の警戒活動、サザン・ウォッチ作戦に参加した。1997年10月から1998年4月まで行われた3度目の配備では、ワシントンは6ヶ月間のほとんどをペルシャ湾での巡航に費やし、イラクに対する国連武器査察団の支援を行った。4度目の配備は2000年6月に始まり、ワシントンはアメリカ合衆国の軍事的プレゼンスの象徴として、ペルシャ湾で6ヶ月の活動を行う。ワシントン戦闘群は6月21日に出航し、地中海、インド洋およびペルシャ湾で作戦活動に従事した。戦闘群はペルシャ湾で、イラク上空に800回の出撃を行い、サザン・ウォッチ作戦を支援した。水上艦部隊は海上封鎖作戦を実施し、国連制裁に違反してイラクから密輸されようとした20,000トン以上の原油を阻止した。また、ユーゴスラビアの大統領選挙後に緊張が高まると、戦闘群は地域の安定に寄与した。 大西洋のワシントン、2002年2004年に地中海からインド洋に入りイラク戦争終結後の海上検査作戦などの警戒活動に行う。4月18日第131戦闘攻撃飛行隊のF/A-18Cがイラク北部のキルクークに潜伏するテロリストに対する精密爆撃と機銃掃射攻撃を実施。これはイラク戦争終結以降、空母による最大の攻撃作戦である。本土に帰還後、2004年11月にはF/A-18E/Fの初めての発着艦テストを実施。2005年度で予定していた通常動力型のジョン・F・ケネディ(USS John F. Kennedy, CV-67) の大規模整備が中止になったことで、燃料棒交換およびオーバ-ホールの時期が早まると見られている。横須賀配備2008年4月7日、ワシントンは第17空母航空団 (Carrier Air Wing 17, CVW-17) および第8空母打撃群 (Carrier Strike Group 8, CSG-8) と共にノーフォークを出航し、南米を回ってキティホーク (USS Kitty Hawk, CV-63) とその任務を交代するため横須賀基地に向かった。この巡航中、ワシントン戦闘集団はアメリカ南方軍による同盟諸国との演習に参加した。アメリカ海軍はブラジル海軍およびアルゼンチン海軍との共同作戦を実施した。4月22日、ブラジルのリオデジャネイロを初めて訪問した。ワシントンがキティホークと任務を交代すると共に、第17空母航空団と第8空母打撃群は本国に帰還、厚木を拠点とする第5空母航空団と横須賀を拠点とする第5空母打撃群がその任を引き継ぐ。ジョージ・ワシントンは米国外の基地を母港とする初の原子力空母となる。アメリカ海軍は日本国民に対してその任務を説明するために、「CVN-73」と題されたマンガ冊子を発行した。 横須賀に入港したワシントン2008年5月22日の午前8時前、中南米を航行中にエアコンや冷蔵施設、予備ボイラー室がある船尾の一角で火災が発生。1名がやけどを負い、23名が長時間の消火作業により熱中症となった。原子炉の安全性には問題は無く、数時間後に乗組員によって鎮火された。ワシントンは5月27日にサンディエゴに入港、火災による損害の評価が行われた。原因は、適切な管理が為されていなかった油脂類にタバコの火が引火したものであり、ケーブル類に延焼したため鎮火に手間取ったとされている。7月30日には、この火災の監督責任を問い、艦長であったダイコフ大佐が更迭された。この火災事故の影響により、当初6月上旬のハワイにおけるキティホークとの交代式の実施、7月末までのハワイ沖における環太平洋合同演習(リムパック2008)への参加、8月19日に横須賀入港・配備予定が延期となる。修理を終えたジョージ・ワシントンは、8月21日(現地時間)にサンディエゴを出港し、キティホークとの交代式のためハワイに向かった。 9月25日朝横須賀基地に入港し、同基地を事実上の母港として配備された。ジョージ・ワシントン空母打撃群第5空母航空団第102戦闘攻撃飛行隊 (VFA-102) 『ダイアモンドバックス Diamond backs』 - F/A-18F第27戦闘攻撃飛行隊 (VFA-27) 『ロイヤル メイス Royal Maces』 - F/A-18E第115戦闘攻撃飛行隊 (VFA-115) 『イーグルス Eagles』 - F/A-18E第195戦闘攻撃飛行隊 (VFA-195) 『ダムバスターズ Dambusters』 - F/A-18C第136電子攻撃飛行隊 (VAQ-136) 『ガントレッツ Gauntlets』 - EA-6B第115早期警戒飛行隊 (VAW-115) 『リバティ ベル Liberty Bells』 - E-2C第14ヘリコプター対潜飛行隊 (HS-14) 『チャレンジャーズ Chargers』 - HH-60H第30艦隊後方支援飛行隊・第5分隊 (VRC-30・Det5) 『プロバイダーズ Providers』 - C-2A[出典 1]出典^ 福好昌治著 『在日米軍の矛、アメリカ海軍』、軍事研究2009年8月号関連項目アメリカ海軍艦艇一覧外部リンクウィキメディア・コモンズには、ジョージ・ワシントン (空母)に関連するマルチメディアがあります。USS George Washington official websiteUSS George Washington webpageMaritimequest USS George Washington CVN-73 Photo GalleryCVN-73 Personnel Roster at HullNumber.comUSS George Washington history at U.S. CarriersCommander Carrier Strike Group Five / Commander Task Force Seventy / Commander Battle Force Seventh Fleet Official Website 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3_(%E7%A9%BA%E6%AF%8D)」より作成カテゴリ: ニミッツ級航空母艦 | 原子力空母ジョージ・ワシントン (USS George Washington, CVN-73) は、アメリカ海軍の航空母艦。ニミッツ級航空母艦の6番艦。艦名は初代アメリカ合衆国大統領ジョージ・ワシントンに因んで命名された。アメリカ国外の基地を事実上の母港として配備される唯一の空母であり、原子力推進空母が日本に配備されるのは、この艦が初である。艦歴1986年8月25日、ニューポート・ニューズ造船所で建造が始まる。1990年7月21日に当時のファーストレディ、バーバラ・ブッシュにより命名、進水し、アメリカ合衆国の216回目の独立記念日である1992年7月4日に就役した。この当時の母港はバージニア州のノーフォークであった。就役以来ジョージ・ワシントンは6度の地中海およびペルシャ湾配備を経験した。最初の配備が行われた1994年には、ノルマンディー上陸作戦50周年記念の背景として貢献した。2度目の配備が行われた1996年には、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争における各勢力の指導者から成る共同軍事委員会による歴史的な会合のホスト役を果たした。ワシントンはさらにボスニア・ヘルツェゴビナにおける平和維持活動、デサイシヴ・エンデヴァー作戦で重要な役割を果たし、イラク南部の飛行禁止区域の警戒活動、サザン・ウォッチ作戦に参加した。1997年10月から1998年4月まで行われた3度目の配備では、ワシントンは6ヶ月間のほとんどをペルシャ湾での巡航に費やし、イラクに対する国連武器査察団の支援を行った。4度目の配備は2000年6月に始まり、ワシントンはアメリカ合衆国の軍事的プレゼンスの象徴として、ペルシャ湾で6ヶ月の活動を行う。ワシントン戦闘群は6月21日に出航し、地中海、インド洋およびペルシャ湾で作戦活動に従事した。戦闘群はペルシャ湾で、イラク上空に800回の出撃を行い、サザン・ウォッチ作戦を支援した。水上艦部隊は海上封鎖作戦を実施し、国連制裁に違反してイラクから密輸されようとした20,000トン以上の原油を阻止した。また、ユーゴスラビアの大統領選挙後に緊張が高まると、戦闘群は地域の安定に寄与した。 大西洋のワシントン、2002年2004年に地中海からインド洋に入りイラク戦争終結後の海上検査作戦などの警戒活動に行う。4月18日第131戦闘攻撃飛行隊のF/A-18Cがイラク北部のキルクークに潜伏するテロリストに対する精密爆撃と機銃掃射攻撃を実施。これはイラク戦争終結以降、空母による最大の攻撃作戦である。本土に帰還後、2004年11月にはF/A-18E/Fの初めての発着艦テストを実施。2005年度で予定していた通常動力型のジョン・F・ケネディ(USS John F. Kennedy, CV-67) の大規模整備が中止になったことで、燃料棒交換およびオーバ-ホールの時期が早まると見られている。横須賀配備2008年4月7日、ワシントンは第17空母航空団 (Carrier Air Wing 17, CVW-17) および第8空母打撃群 (Carrier Strike Group 8, CSG-8) と共にノーフォークを出航し、南米を回ってキティホーク (USS Kitty Hawk, CV-63) とその任務を交代するため横須賀基地に向かった。この巡航中、ワシントン戦闘集団はアメリカ南方軍による同盟諸国との演習に参加した。アメリカ海軍はブラジル海軍およびアルゼンチン海軍との共同作戦を実施した。4月22日、ブラジルのリオデジャネイロを初めて訪問した。ワシントンがキティホークと任務を交代すると共に、第17空母航空団と第8空母打撃群は本国に帰還、厚木を拠点とする第5空母航空団と横須賀を拠点とする第5空母打撃群がその任を引き継ぐ。ジョージ・ワシントンは米国外の基地を母港とする初の原子力空母となる。アメリカ海軍は日本国民に対してその任務を説明するために、「CVN-73」と題されたマンガ冊子を発行した。 横須賀に入港したワシントン2008年5月22日の午前8時前、中南米を航行中にエアコンや冷蔵施設、予備ボイラー室がある船尾の一角で火災が発生。1名がやけどを負い、23名が長時間の消火作業により熱中症となった。原子炉の安全性には問題は無く、数時間後に乗組員によって鎮火された。ワシントンは5月27日にサンディエゴに入港、火災による損害の評価が行われた。原因は、適切な管理が為されていなかった油脂類にタバコの火が引火したものであり、ケーブル類に延焼したため鎮火に手間取ったとされている。7月30日には、この火災の監督責任を問い、艦長であったダイコフ大佐が更迭された。この火災事故の影響により、当初6月上旬のハワイにおけるキティホークとの交代式の実施、7月末までのハワイ沖における環太平洋合同演習(リムパック2008)への参加、8月19日に横須賀入港・配備予定が延期となる。修理を終えたジョージ・ワシントンは、8月21日(現地時間)にサンディエゴを出港し、キティホークとの交代式のためハワイに向かった。 9月25日朝横須賀基地に入港し、同基地を事実上の母港として配備された。ジョージ・ワシントン空母打撃群第5空母航空団第102戦闘攻撃飛行隊 (VFA-102) 『ダイアモンドバックス Diamond backs』 - F/A-18F第27戦闘攻撃飛行隊 (VFA-27) 『ロイヤル メイス Royal Maces』 - F/A-18E第115戦闘攻撃飛行隊 (VFA-115) 『イーグルス Eagles』 - F/A-18E第195戦闘攻撃飛行隊 (VFA-195) 『ダムバスターズ Dambusters』 - F/A-18C第136電子攻撃飛行隊 (VAQ-136) 『ガントレッツ Gauntlets』 - EA-6B第115早期警戒飛行隊 (VAW-115) 『リバティ ベル Liberty Bells』 - E-2C第14ヘリコプター対潜飛行隊 (HS-14) 『チャレンジャーズ Chargers』 - HH-60H第30艦隊後方支援飛行隊・第5分隊 (VRC-30・Det5) 『プロバイダーズ Providers』 - C-2A[出典 1]出典^ 福好昌治著 『在日米軍の矛、アメリカ海軍』、軍事研究2009年8月号関連項目アメリカ海軍艦艇一覧外部リンクウィキメディア・コモンズには、ジョージ・ワシントン (空母)に関連するマルチメディアがあります。USS George Washington official websiteUSS George Washington webpageMaritimequest USS George Washington CVN-73 Photo GalleryCVN-73 Personnel Roster at HullNumber.comUSS George Washington history at U.S. CarriersCommander Carrier Strike Group Five / Commander Task Force Seventy / Commander Battle Force Seventh Fleet Official Website 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3_(%E7%A9%BA%E6%AF%8D)」より作成カテゴリ: ニミッツ級航空母艦 | 原子力空母

最新記事満載ブログ
ココログ
2ショットチャット
出会いランキング
債務整理・自己破産
プロフィール

LyellThayer

Author:LyellThayer
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。